読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピタのケイタイPhoto日記

ケイタイ(iPhone)での写真やアプリ、そしてIngress。自分の中での流行もの。

iTunesMatch ようやく日本でも解禁

iTunesMatchが5月2日、ようやく日本でもサービス提供開始となりました。

iTunesMatchとは、自分のiTunesにある音楽(レンタルCD等で入手したものも含めて)とApple側の音楽(iTunesStoreにあるもの)と照合し、iTunesStoreにないものをiCloudにアップロードし、iTunesStoreにあるものはiCloud経由でダウンロードして利用できるという仕組みです。

米国では2011年11月でしたから、随分日本での開始に時間がかかりましたね。

 

価格は3,980円とちょっと高めの設定。これはきっとAppleが日本の音楽著作権に関する団体との交渉の結果、こういう価格となったのでしょう。

 

f:id:pita0515:20140502211228p:plain

さて、このiTunesMatch。

登録の方法は至って簡単(すでに様々な方が書かれています)。

 

自分の持っている(入手方法は様々であったとしても)音楽を、iTunesMatch(つまりApple側が確認すること)により、

  • 手持ちの音楽の音質がiTunesStoreにある音楽より劣ったものの場合、iTunesStoreにある音質の音楽を聴くことが出来る。
  • 音楽を複数のiOSデバイス(iCloud経由)で利用できる。
  • 自分が持っている音楽のバックアップ手段となる。

つまり、こういうことでしょうか。

 

GoogleMusicは、自分のiTunes上の音楽をアップロードし、クラウド経由で音楽を楽しめるという比較的わかりやすい仕組み(もちろん、Googleが色々情報を入手するのでしょうが)だと感じています。

 ただ、このiTunesMatch、CDから読み込んだ音楽もiTunesMatchはiTunesStoreにあるかないかを確認するのですから、日本国内でのサービス開始により、Appleは日本の音楽市場に対して「有力な」データを入手したのでしょう。

 

さて、ここまで書いてみて、自分自身にとってのメリットが、実はまだ思いつかないのでした。

個人的にはGoogleMusicの日本解禁の方が待ち遠しいですね。